代表取締役あいさつ
 「環境に優しい技術とは」
 『環境に優しい』という言葉をよく耳にしますが、それはどんな意味なので
しょうか。快適で便利な私たちの日々の暮らしは、それだけで環境にマイナ
スの影響を与えてしまっている場合があります。その影響を少しでも軽減す
るにはどうすればいいのか。困っている問題は何だろうか。   自分にできる
ことはないだろうか。  そうしたことを考え、  他者への優しさや思いやりをも
って行動に移すことが、  本当の意味で  『環境に優しい』  ということに繋が
るのではないかと私は考えます。  言うまでもなく、 困っていることの一つは
『ゴミ問題』 です。  弊社が最も力を入れて取り組んでいる  『eスラグのカラ
ースラグ』は、ごみ問題を解決する手段であると同時に、従来にない材料物
性を備えたリユース骨材でもあります。カラースラグの主原料は、廃棄物の
焼却灰をさらに高温で溶融させた後、冷却し生成した溶融スラグです。その
ままでは有効な利用用途がほとんど無く大半が埋め立て処分されています。
しかし、弊社では環境省の安全基準に合格した溶融スラグを、カラースラグ
の原料素材となる 『人工セラミック』 と位置付け使用しています。  真っ黒な
素材を独自のコーティング技術によってカラフルに着色し、付加価値を持た
せることに成功、新たな工業用原材料として生まれ変わらせることができた
のです。その用途は建築・建材分野、道路 舗装分野、園芸・ガーデニング
分野などと幅広く、多くは天然の砕石や砂の代わりとして使用できるため自
然破壊の防止にも役立ちます。このように、捨てられている廃棄物を他の分
野の原材料として活用することは、大量生産、大量消費、大量廃棄の社会
構造を循環型社会に変えるための手段として注目されている『ゼロ・エミッシ
ョン構想』にも合致するもので弊社の環境に優しい技術はその一翼を担うも
のと自信を持っています。弊社は産声をあげて間もないベンチャー企業です
が、 単なるビジネスという考え方を超えて、 世の中に必要とされる製品を生
み出していくことで 存在価値を示せる企業になりたいと考え、  努力していま
す。また、  安定した経営により地域社会に貢献できる企業を目指していく所
存です。新たな原材料をお探しのメーカー様やリユース素材などの活用で他
社との差別化を図りたいメーカー様は、ぜひ弊社にご相談ください。

 「環境に優しい」環境対応型商品の開発をサポートさせていただきます。

 

Copyright(c)2009, Hanada Engineering Research & Industry Co., Ltd., All rights reserved.