>

グランドソイル・グランドストーン
グランドソイルは、景観舗装材として「岡山県新商品による新事業分野開拓事業者の認定」商品です。
廃棄物質灰の溶融スラグを活用し人工セラミック原料として着色骨材に利用することで、 新しい原料 (ゼロエミッション)を開発し、そのままでは廃棄物ゴミである溶融スラグを有効な 資源として、 リサイクルする循環型社会の仕組みを構築しました。 今まではゴミであった溶融スラグを建築・土木 ガーデニング等向けの 新たな着色骨材原料として生まれ変わらせることで環境破壊を防止し、 循環型 社会の実現に貢献します。
一般的な景観舗装材の施工仕上げとしてエポキシ仕様を設けました。 また、ウレタン仕様は一液型の湿気硬化型無黄変樹脂を使用し、いずれも紫外線による劣化・黄変対策を 施したところが特徴です。カラースラグ透水性舗装材で高級感のある風合いを長期間保ちます。 また、施工舗装面に水たまりを作らない優れた透水性を備えています。
1.優れた耐候性 優れた耐候性により、自然石の色彩は勿論、強度も維持いたします。 2.自然と一体化 自然石の種類を変えることにより、環境にマッチした景観舗装が得られます。 3.透水性 舗装体は透水性を有していますので、表面水を地下に戻し、更に多少の降雨で水たまりができる ことはありません。 4.一液型バインダー 湿気硬化型式の採用により、可使時間にとらわれることなく作業が進められ、塗り継ぎ時の接着 も完全に一体化します。 (5℃以下の場合で、硬化を急がれる場合は硬化促進剤を添加していただきます。) 5.安全性 このバインダーは食品衛生法・食品、添加物等の規格基準に適合しており、極めて安全な樹脂を 使用しております。また、溶剤も一切使用しておりませんので、環境・人体に安全な商品です。
201(もみじ色)     202(まさ土色)      203(しば色) 101      102       103     104 105      106       107     108
1.下地調査 下地の施工上での支障が考えられる点のチェックを行います。 2.下地処理 下地水分の乾燥、欠損部分の補修、クラック補修等を舗装前に行います。 3.プライマー コンクリート下地の場合はプライマーを0.15kg/m2の塗布量でローラーバケ等で塗布します。 プラ イマーの養生は1〜2時間行って舗装にかかってください。(25℃の場合)尚、プライマーは冬場や や 粘度が上がるため、トルエン等にて10〜20%希釈して、 均一にローラーバケ又は、エアスプレ ー塗布を行います。 4.材料の舗装 ●材料配合:モルタルミキサーに適正量の天然石を投入し、空練り。 (天然石・セラミック)の入 ったモルタルミキサーを空練りしながら5%のバインダーを添加し、 2〜3分間撹拌混合します。 (5℃以下で硬化を急ぐ場合は硬化促進剤を予め樹脂に混合。) ●舗  設:モルタルミキサーから混合した(天然石・セラミック)配合物を一輪車等別容器に移し 施工場所に運搬し、規定量の厚みに素早く敷きならします。この際、予めバッチごとの墨出しを行っ ておくと、 材料管理が楽です。ならしはトンボ、木ゴテ等で行い、平滑押さえは金ゴテで行います。 5.養 生 気温により異なるが、1〜3日の養生を行う。解放の目安は別箇所にて見本塗りを行い、硬化性のチェッ クし、解放判断を行います。
下地がコンクリート等の場合 下地がデコボコ等の場合 実際の施工断面図
施工 [PDFデータダウンロード]

Copyright(c)2009, Hanada Engineering Research & Industry Co., Ltd., All rights reserved.